藤和乾物の取り組み

  • TOP
  • >
  • 藤和乾物の取り組み

ISO22000:2005認証取得

「ISO22000:2005」とは、安全な食品を生産・流通・販売する為に、生産現場だけでなく営業・業務から外部協力工場までもサプライチェーンとして食品安全に取組む為に、自社で規定し第三者機関に認定を受けた国際規格のマネジメントシステムです。

TOWAトレーサビリティシステム

当社が独自に開発した「TOWAトレーサビリティシステム」は、日本産乾椎茸・日本産きくらげ・日本産切干大根を対象としております。 製品一袋毎に追跡番号の付いたシールを貼付しており、その追跡番号から製品の原料産地の特定が可能です。更に仕入先の情報公開状況により、集荷農協・集荷地区・収穫時期・生産者等の詳細な情報が提供出来るようになっており、安心・安全な製品として集団給食・惣菜製造業をはじめ様々なお客様からご好評をいただいております。

TOWAトレーサビリティシステムの詳細はこちら

静岡県HACCP

「HACCP」とは、原料の受け入れから出荷までの各工程において、危害の発生を防止するための重要ポイントを継続的に監視・記録する衛生管理手法です。
食品工場の取得対象業種は、乳・乳製品・食肉製品・加圧加熱殺菌食品・魚肉練り製品・清涼飲料水に限り厚生労働省が承認しております。それ以外の食品については各地域で承認する試みが「静岡県HACCP」です。
当社は平成19年4月、HACCPプラン及び一般衛生管理プログラムを作成し、審査会で審査・承認を受け、「社団法人静岡県食品衛生協会」により承認いただき、毎年継続審査を受けております。
合理的な衛生管理方法が国際的にも認知されているHACCPに則って製造された食品は、安全性が向上するだけでなく、製品加工時及び最終製品の廃棄といった食品の無駄を減少させることにも繋がり、安定した製品の製造が可能です。

BCP(事業継続計画)特別保証認定企業

BCPとは企業が緊急事態に遭遇した際に、事業資産の損害を最小限にとどめつつ中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とする為に、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法・手段などを取り決めておく計画のことです。
当計画を作成し認証を受けた当社は、災害発生時に取引銀行より事業継続支援・復旧支援が受けられる「保証システム」の認定をいただいている企業です。